Technology Market Research

All Important News

コールマンが C-USA 初戦で LA Tech に敗れ、ダブルダブルを記録


サンアントニオ – UTSA 女子バスケットボール チームは、木曜日の夜にコンベンション センターで開催された Conference USA の開幕戦で、ルイジアナ工科大学に 62 対 57 の接戦で敗れました。

ゲームリーダー

赤シャツ二年生 エリッサ・コールマン 12得点、チーム最多の11リバウンドで今季2度目のダブルダブルを記録。 ジョーディン・ジェンキンス 今シーズン 9 度目の得点でロードランナーズをリードし、21 ポイントを獲得しました。 シニア ヘイリー・アトウッド は今シーズン、7 枚のボードで最高のパフォーマンスを発揮しました。 UTSA は、ペイントで 36 ポイントを獲得し、ルイジアナ テックの 12 ポイントでアドバンテージを獲得しました。 ロードランナーズは 23 のフィールド ゴールを達成し、レディ テックスターズの 19 のフィールド ゴールを達成しましたが、ゲームの違いはフリースロー ラインにありました。 ルイジアナ工科大学はチャリティー ストライプで 18 対 16、UTSA は 10 対 8 でした。

ゲームの内訳

Lady Techsters が最初に得点しましたが、Roadrunners は次のように反応しました。 ウラボ女王 次の 1 分間で 2 つの連続レイアップを記録しました。 第 1 クォーターの約 2 分間、両チームは 10 回のミス ショットと 3 回のターンオーバーを含む得点不足に陥っていました。 この後、ルイジアナ工科大学は 3 ポイントのリードを奪い合い、UTSA が 1 ポイントの赤字を 2 回減らしたにもかかわらず、Lady Techsters は 13-10 のリードで第 1 四半期を終了しました。

ロードランナーズは 23 ポイントの第 2 四半期を使用して、ハーフタイムに 5 ポイントのリードを取りました。 ヘイリー・アトウッド 2 連続レイアップで第 2 ピリオドを開始しました。 最初のレイアップを行った後、アトウッドはケイアンナ ウォーカーのシュートをブロックしてボールを取り戻し、2 回目のレイアップでプレーを終了させた。 第 2 クォーターは、5 回のリード チェンジと引き分けのゲームを含む多くのアクションが見られました。 Lady Techsters の Salma Bates が残り 4:07 で LA Tech をリードしましたが、Jenkins は約 30 秒後にすぐに反応し、UTSA の 7 ポイント ランを開始しました。 前半で時間切れになったので、1年生 マディソン・コックレル ハーフコートライン近くからボールを​​発射し、ハーフでUTSAに33-28のリードを与えました。

ルイジアナ工科大学は、第 3 四半期の休憩からペースを上げ始め、UTSA を 16 ポイントから 14 ポイントに上回りました。 Lady Techsters は 2 回引き分けましたが、Roadrunners がリードを維持しました。 ルイジアナ工科大学が同点に追いついた 2 回とも、UTSA のリードを取り戻すためにレイアップを決めたのはジェンキンスでした。 アトウッドがペイントでレイアップを決め、UTSA は 3 回終了時に 47-44 でリードしました。

最終クォーターで、Lady Techsters は涙を流し、10 ポイントの得点ランに駆り立てられて振り返ることはありませんでした。 コールマンは、フリースローラインでのいくつかの重要な瞬間に4対4で進み、UTSAの赤字を1ポイントに減らすなど、第4四半期の得点でロードランナーをリードしました。 ロードランナーズの C-USA オープニング ゲームで UTSA が 62-57 でルイジアナ工科大学に敗れたため、最後の数分でいくつかのファウルがロードランナーズにコールされ、ゲームの半分はコストがかかることが判明しました。

UTSA の戦績は 2 勝 8 敗 (C-USA 戦では 0 勝 1 敗) に落ち、ルイジアナ工科大学の戦績は 8 勝 4 敗 (C-USA 戦では 1 勝 1 敗) に改善されました。

次に: Roadrunners は、大晦日に UAB を主催するため、カンファレンス プレーを続けます。 12 月 31 日の対戦のヒントは正午に設定されています。

-UTSA-





Source link